もしも傾いても安心のシステム

もしも傾いても安心のシステム

箱カバーを持ち上げると、裸身のガラスの靴が立っています。

この飾り台の上に裸身で立った「ガラスの靴」、少々傾けてもこのとおり安全です。

incline-glass-slipper-box-3

小さなリングベアラーが「ガラスの靴のリングピロー」を持ち、ヴァージンロードを歩く演出など安心して、望んでいただけます。

なお、ガラスの靴は、飾り台に、「取り外し自在」にセットされています。「固定」されておらず、取り外し自在です。かかと側から抜くと簡単に取り外せます。

もちろん、お二人の指輪をセットしても、このとおり。with Rose, with Flow, with Water, with Rose & Flowでは、その特殊な工夫により、Standardでは、そのシルクのクッションの工夫により、縦方向に大きく傾いても、横方向に大きく傾いても、指輪を安全にお二人のもとに運びます。(下の写真は「with Flow」の例。こんなに傾いているのに・・指輪は安心なのです。不思議でしょう!)

縦方向にこんなに傾いても大丈夫。小さなリングベアラーも安心の仕組み ガラスの靴リングピローかなり傾いても大丈夫。小さなリングベアラーも安心の仕組み ガラスの靴リングピロー

水色リボンの仕掛け

水色リボンには「安全のための仕掛け」があります。水色リボンの見えない位置、つまり飾り台の内部になりますが、伸縮素材が取り付けてあります。この伸縮作用により「水色リボン」がガラスの靴の「つま先」をしっかり支えているのです。

「白い箱」の安全性について

「ガラスの靴」はクッション材に包まれておらず、赤いリボンをとき、箱カバーを持ち上げると、「ガラスの靴」が裸身で立った状態で飾られています。クッション材がなくても安全な工夫をした箱です。

この白い箱を閉じた状態では「ガラスの靴」は、ほぼ宙にサポートされます。この状態なら、もしも階段から落としたとしても中身の「ガラスの靴」は安全です。海外にも安心してお持ちいただいております。

ガラスの靴 専用ボックス ケーキ?な「白い箱」 in 手提げ袋

Pocket