ウェディングのサプライズ計画へ、プロポーズから、バージョンアップ

ウェディングのサプライズ計画へ、プロポーズから、バージョンアップ

1年前のお客様より、ご連絡をいただくことがあります。
プロポーズにプレゼントをして、晴れて挙式をあげることになったと。

3年前のお客様より、ご連絡をいただくことがあります。
誕生日にプレゼントをして、今年、結婚式をあげることになったと。

ウェディングでは「もう1個作って、シャルル・ペローの原作どおり、”ペア”でそろえたい!」とのご依頼です。

シャルルペローの原作「シンデレラ それは小さなガラスの靴」のハッピーエンディングどうりにするストーリー演出!

コンフォートクックの「ガラスの靴」の”立体形状”は、13年前から同じ。”サイズ”も同じ。コンフォートクックのポリシーとして、「同じ」を守っております。だから実現できる「歳月」を超えた、 特別なサプライズのプレゼント。

チャペル・セレモニーでは、最初のガラスの靴が「リングピロー」として活躍。舞台を移し、披露宴がはじまると・・ (新婦に内緒で、挙式前にもう1個、ガラスの靴を作っておきます)

披露宴では、2つめのガラスの靴をプレゼント。ぶじに「2つめのガラスの靴」がそろい、「A pair of Glass Slippers」に。

2005年からお客様にご提案しているオリジナル演出プラン。もちろん「2個ペアのガラスの靴」を飾れる専用ボックスもご用意しております。

シンデレラの本より ペアにそろうガラスの靴

 

ペア2個のガラスの靴のための箱と飾り台

Pocket