いろんなシンデレラの本 発行年1947 東郷青児の挿絵のある「シンデレラ姫」(収蔵本より)

いろんなシンデレラの本 発行年1947 東郷青児の挿絵のある「シンデレラ姫」(収蔵本より)

「名作物語 シンデレラ姫」
著者 楠山正雄
挿絵 東郷青児
出版社 光文社
出版日 昭和22年(1947年) 2月5日
定価 55円

東郷青児50歳ごろの挿絵 女性礼賛芸術と表現される東郷の絵。

収蔵本 シンデレラ姫 東郷青児の名前

絵画や版画の作品にとどまらず、プロダクト・デザインを手掛けるなど、揶揄する他人にとらわれず、自分に与えられた画才という神様のギフトをいっぱい使って、自らの人生を膨らませ、まわりの人を楽しませた人。

シンデレラの挿絵を引き受けた彼の真意は推し量るより ありませんが、昭和22年の正月をあけてすぐに発行されたこの本には、終戦の翌年には取り組んだであろうことから、当時すでに名声の人であった彼は、戦後の街中に、家庭に、笑顔が生まれるようにと、挿絵を担当することになったのだと推察します。

収蔵本 シンデレラ姫 東郷青児の参加

このころの暮らしがどうであったかは、同じく昭和22年に発行された、一介の英語教師、廣岩敬太郎氏の本「シンデレラ姫物語」の“はしがき”にある、いまだ遠い地での疎開が続く我が子への想いにあふれたこの物語の出版の理由からも読み取れます。

Pocket